Japanese Veterinary Society of Animal Behavior

日本獣医動物行動研究会(Japanese Veterinary Society of Animal Behavior)は、犬猫を中心とした伴侶動物の問題行動を治療する「行動診療」を発展させ、臨床獣医師や一般の飼い主に動物行動学や問題行動の治療に関しての啓発活動を行うことを目的に、2000年に、行動診療に関心の高い獣医師を中心に発足した研究会です。
2013年より、獣医動物行動学(動物行動学および臨床行動学)に精通し、行動診療を行うために必要な専門知識と技術、十分な診療経験を有している獣医師を、行動診療科認定医として認定する制度を発足させ、2022年までに13名の認定医を認定しています。

研究会からのお知らせ

保護中: 【会員限定】ベーシックセミナー事前配信(11月22日~12月12日)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

【会員限定】総会時教育セミナー[上手く使えていますか?Pre-Visit Pharmaceuticalsと鎮静剤]

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。会員登録完了メールに記載されているユーザー名・パスワードを入力してログインしてください。入会ご希望の方は、会員募集ページよりご連絡ください。既存ユーザのログインユーザー名 …

20周年記念シンポジウム‐会員受付用限定公開URL

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。会員登録完了メールに記載されているユーザー名・パスワードを入力してログインしてください。入会ご希望の方は、会員募集ページよりご連絡ください。既存ユーザのログインユーザー名 …

日本獣医動物行動研究会‐20周年記念シンポジウム‐11月7日開催

日本獣医動物行動研究会は、設立から20周年を迎えることができました。これを記念して、シンポジウムを開催いたします。皆様のご参加をお待ち申し上げております。 詳細リーフレットのダウンロード ダウンロード(PDF)はこちらか …

保護中: 第1回ベーシックオンラインセミナー勉強会 発表者動画

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。


「診察前調査票」
統一フォーマット
会員専用コーナーにてワード版をダウンロードできます。
PAGETOP